【適当なレビュー】AI: ソムニウム ファイル 面白いったら面白い

スポンサーリンク
SF(ゲーム)
スポンサーリンク

和ゲーがやりたい。

SteamでゲームプレイするようになってからPS4の電源を全く入れなくなったんですが、Steamのストアで目に付くゲームは基本的にバタ臭い洋ゲーばっかで辟易してたんすよね。
いやそりゃ洋ゲーも面白いけど、偶には萌えキャラが出てきそうな和ゲーもやりたくなるんすよ。それでSteamで「ルフランの地下迷宮と魔女の旅団」なる神ゲーを購入してクリアしたんですが、やっぱり和ゲーは最高やなってなりました。

ほれでまた和ゲーやりたいッピとなったので適当にSteam回遊して見つけた「AI: ソムニウム ファイル」を発売日に購入しちゃったんだぜ!監督が打越鋼太郎氏というなんか有名な人らしいです。昔のゲームに詳しくないんですが「Ever17」くらいは聞いたことありますねえ!聞いたことあるだけで中身何も知りませんけど。

そういうわけで適当に感想です。

AI: ソムニウム ファイル どんなゲームか?

主人公の伊達鍵は警視庁の特殊捜査チームに所属する30歳(で友人の子供の小学6年生の美少女と同居中の記憶喪失で6年前以降の記憶しかない独身で片目が義眼(義眼は美少女))のおっさん(設定盛り過ぎだろ!)。ある雨の降る夜に左目をくり抜かれた死体が発見される。連続する左目を抜き取る殺人事件、見え隠れする過去のサイクロプス事件。果たして彼はこの難事件を解決することが出来るのか。彼の過去に秘められた陰謀とは。

上記のようなあらすじで謎に迫っていくミステリー物のゲームですかね。デトロイトビカムヒューマンとかライフイズストレンジ?とはまあ違うんだけど似たようなもんですかね。主人公を3人称視点で動かしたりはしないで、選択肢を選んでいくことで進む感じ、ビジュアルノベル×脱出ゲームの正当進化版ですかね。ビジュアルノベルも脱出ゲームも禄にやったことないんで知りませんけど。

面白い

トゥルーエンドに当たるであろう解決編までクリアしましたがこれは良いゲームですね。トゥルーに行くためには取り敢えず他のエンディングを全部見る必要があるんですが、それでも23時間くらいでクリア出来たので良いボリュームです。収集要素やり込もうと思えばもう何時間か掛かってもおかしくないですがまあ30時間はいかないくらいでしょう。
あんまり長いと疲れちゃって3連休でクリアできないから個人的には良いボリュームなんですよ。

一番面白いのはやっぱり小気味いいくだらないギャグ塗れの会話ですね。主人公の義眼は会話の出来る高性能AI(美少女)を積んだロボットなんですけど、主人公と本当に良いコンビなんですね。ゲーム性は脱出ゲーム的に色々な事件現場にあるものを選択していくことでそれに対する会話や考察をキャラがボソッというやつなんですけど、フルボイスの楽しい掛け合いが付随することで大変楽しくゲームを進められます。

それと一応はミステリー物ですから、終盤の怒涛の伏線回収と犯人に迫っていくストーリーも間違いなく魅力ですね。いやあ本当に最後の方はヤバかったです、生活リズムボロボロにしながら朝6時まで一気にクリアしちゃいましたからね、最後の満足感足るやですよ。途中なんだこのシナリオ!?と驚愕するようなふざけた展開も好き嫌いは別れるんでしょうけど私は好きですね。

要はキャラクターに愛着が持てるかどうか次第みたいなところはあるかもしれません。みずきちゃん可愛いしアイボゥも可愛いしあせとんちゃんも可愛いし萌え豚なら間違いない。
ミステリー好きな人やアニメ好きな人には間違いなくおすすめですね。かなり気にいること間違いなし!自分もこれから「Ever17」か「極限脱出シリーズ」どっちかプレイしようと思ったりと、監督のファンになれるそんな作品ですねえ!

CERO区分Z(18歳以上)という表記でグロ耐性ないから心配してる人も安心してください。体感それほどグロくないです。映画でいうとせいぜいR15+くらいのソフトグロです。

SwitchでもPS4でもSteamでも何だってプレイできちまうんでみんな!ソムニウムファイル、やろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました