どろろ 21話 逆流の巻 感想考察 陸奥ちゃん死なないで

スポンサーリンク
TVアニメ
どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン
スポンサーリンク

死なないで

どろろ 21話 逆流の巻 感想考察

あらすじ

どろろ21話適当あらすじ:身体を取り戻しに醍醐領へ行く、そう言って聞かない百鬼丸にしょうがなしに同行するどろろ。朝倉との戦争へと舵を切った不穏な雰囲気を漂わせる醍醐領で、三度多宝丸と百鬼丸は相対峙する。
陸奥ちゃんは右腕、兵庫は左腕として多宝丸をお守りするのだ!左腕と右腕はグサーで。酷い、痛い。

む、陸奥ちゃんに死亡フラグが

明らかに一人だけ魂の色が薄い陸奥ち。どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

キャラクター退場前には回想するってのはもうギャグでも使われるくらいの定番で、まさに回想は死亡フラグ。今回の陸奥ちゃんはそれに加えて流行り病の兆しや疲れ切った表情などなどあからさま過ぎるう。流行り病に掛かるのはゴリラの方にしてくれよ(懇願)。

縫の方の修羅の化身となろうとするという台詞と併せて地味に多宝丸の更なる闇落ちフラグといえるかもしれない。流行り病というからには感染が拡大する危険性があるわけで、今話の前半で村ごと焼き払うという非情な決断(といってもこの時代ではそれしか方法がないんだ)を醍醐景光は取りました。ならば多宝丸も領地を継ぐものとして陸奥という感染源を自らの手で処分せねばならないという極限に追い込まれるのではないかと。

それで本当に切り捨ててしまえば修羅まっしぐらでしょう。そして修羅であるならむしろ人外は百鬼丸の専門であり、そんな多宝丸が挑めばまあ死ぬのでしょうね。化け物(百鬼丸)を倒すのはきっと人間じゃなきゃいけないんでしょう。物量で圧して軍隊で矢でも放てばきっとあっさり死ぬんです。今回の忍のミドロ号爆殺でもあっさり窮地に追い込めたわけですから。

まあでもこの時代は人が修羅に堕ちざるを得ないんでしょう。流行り病とかもうマジでどうしようもないわ、陸奥ちゃん確実死で修羅ルート以外に道がない。神様助けて(届かぬ思い)

百鬼丸がすっかり悪役

誰の言葉も届かない、駄々を捏ねる子供。

そんな風に評されてしまう百鬼丸はもう自分の前に立ち塞がるものは全て切り捨ててやろうという狂戦士状態。耳が聞こえなかった頃の方が聞きわけが良かったというのは何か皮肉ですね。

このどうしようもない駄々っ子をどうにかできるのはやっぱりどろろがママになってバブみでオギャらせるしか道はないです。

冗談はさておき今は無力感に苛まれて泣くしかないわけですが、どろろが何かやってくれないと百鬼丸が鬼になってこのアニメ終わっちゃいますからね。全く方策が思い浮かばないけど何とかしてくれ~。

来週の予告さあ…

多宝丸がえらい荒んだ目をしてるわけですがこれは…。更にはどろろが縫の方と絡むみたいですね、これは実母から百鬼丸のオギャらせ方を伝授される展開ですねぇ…間違いない……。

TVアニメ『どろろ』 第二十二話「縫の巻」予告

コメント

  1. 兄と弟の闘いが辛すぎて直視できませんでした。多宝丸から奪われてゆく大切なものの大きさに怯みます。エンディングの歌詞が反芻されています。

タイトルとURLをコピーしました