【アニメレビュー】青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

スポンサーリンク
TVアニメ
(C)2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project
スポンサーリンク

誰が言ったかSF版化物語っていうのはすごく的を射ててすごいと思う(語彙力ゥー!)

【アニメレビュー】青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

適当な前置き

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』はKADOKAWAの電撃文庫から出版されている同名ライトノベルのアニメ化作品だそうです。タイトルはSF好きの皆さまならご存知のハリウッドで映画化までされたP.Kディック代表作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』のパロディですね。SFは過去の名作SFのタイトルをパロディしがちです。

2018年10月から12月にアニメは放送されていたわけですが、当時はなんとなくアニメを観ていない時期だったので完全スルーしておりました。ブログネタ漁りにコラボの秋葉豚野郎ラーメンは食べに行きましたけど。それで長らく存在を忘れていたんですが、最近dアニメストアforプライムビデオを契約したんですがこの作品をAmazonが激推ししてきたので観ちゃいました。そういうわけでレビューです。

あらすじ

思春期症候群――不安定な精神状態によって引き起こされるとネットで噂の不思議現象。梓川咲太、高校2年生。江ノ島からもほど近いとある高校に通う彼は、この年、様々な“思春期症候群”を引き起こした少女達と出会う。たとえばそれは、図書館で出会った野生のバニーガール。彼女の正体は、高校の上級生にして活動休止中の女優、桜島麻衣先輩。魅惑的な彼女の姿は、何故か周囲の人間の目には映っていなかった。彼女はなぜ見えなくなってしまうのか―。謎の解決に乗り出した咲太は、麻衣と過ごす時間の中で、彼女の秘める想いを知り……。空と海が輝く町で心揺れる少女達との不思議な物語が始まる。(C)2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

Amazon.co.jp: 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないを観る | Prime Video』より引用

面倒くさいのでAmazonの説明全部取って来ちゃった人間の屑がこの野郎。

不可思議な現象に遭遇する少女に遭遇する主人公の話

主人公の梓川咲太は至って普通の高校二年生。ただ高校では色々の誤解でヤバいやつ扱いされて、避けられているというキャラクターです。そんな彼が思春期症候群という都市伝説的不可思議な現象に直面しては解決していくというのが大きな話の軸でしょうか。

出くわす現象はメインヒロインの桜島麻衣の誰からも認識されなくなる(石ころ帽子的なアレ)から時間のループにドッペルゲンガーといった感じです。それぞれの事象はそれぞれの少女の心の悩みに応じて発現しています。消えてしまいたい、夏休みが終わらないで欲しいなど。つまりこれらの解決には少女達の思春期あるあるな心の問題を解決してあげることが不可欠で、主人公はそのために奔走するんですね。つまり話毎に心を開く美少女が増えるんだ!エロゲみたいな設定してるぜ!ただ割と主人公が一途なのでハーレム感はないです。

それとすげえ青いです。流石青春ブタ野郎を名乗るだけあるなあと熱い心をぶつけていくパッションを感じます。深夜アニメではなくて青春ドラマみたいな観てて小っ恥ずかしくなるような展開です。主人公は阿良々木暦や比企谷八幡みたい捻くれてないので本当に直球。陰キャ街道まっしぐらでここまで来た私にとってはもう見るだけで目が焼けるレベル。

とりあえず3話まで乗り越えれば目の再生も済むと思うので頑張って3話まで観てください。そこから先はヒロインたちの可愛さで突っ切れます(ゲームの攻略法かな)。話はそんなにSF要素が強くはないというかあくまで女の子と関わるためのマクガフィンに過ぎないので、本格SFが観たい!という人には向きません。ですがライトな青春学園ラブコメディが観たいという人には割とピンズドといいたいところですが、終盤の話が重いんだよお!取り敢えずヒロインが可愛いなと思った人は観てもいいと思います、たぶんそれが一番です。ヒロインと主人公の会話劇がメインの面白さみたいなところありますからね。そういうわけで皆さん2019年6月15日公開の劇場版に備えて青ブタ観よう!

 

クソレビューにも程がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました