鬼滅の刃 兄妹の絆 感想 神アニメだったわ

スポンサーリンク
TVアニメ
スポンサーリンク

ジャンプ人気漫画で今年4月から放送開始の鬼滅の刃ですが、なんと3月29日から映画館で1~5話を先行上映するということで観て参りました。

そういうわけで感想です。

鬼滅の刃 先行上映(1~5話)感想

鬼滅の刃が好きだったんだよ!

私は鬼滅の刃の大ファンである。いや大ファンてほどでもないけど単行本は集めてるし、ジャンプ購読してるし中ファンくらいは確実に届いてる。

そんな鬼滅の刃のアニメ化なってわくわくするな!といいたいとこだけどアニメ化ってだいたいクソみたいな出来にしかならないのであんまり原作知ってる作品は観たくならない。今回は偶々近くの劇場でやると知ったので足を運んだだけである。

今回の上映分は5話ということでだいたい単行本1巻と2巻の序盤くらいのないようである。鬼滅の刃は偶に最初はクソつまんなかったけど徐々に上げていったみたいなこと言われるが最初から光るものはあった。なんなら序盤が一番好き。

 

なんたってジャンプでドハマりして1巻Amazonで予約購入したくらいの大好き度ですからね!!!!たぶん全国1万人くらいしかいないだろ!漫画見る目がありすぎてシェイシェイ!

このくらいで古参マウンティングはさておきアニメの感想だ!!!!

面白かったし熱かったわ

まあ原作通りだし、そんなに語ることはないんですけどやはり色と声と動きがつくと印象が全然違うということがよくわかった。

義勇さんが化け物染みた身体能力になってる…。義勇さんがアスペクールキャラじゃなくてまるで熱血人情キャラみたいだ…。37歳の声カッコ良すぎぃ!!!年号鬼気持ち悪などなどだ。

主人公勢の声優陣全員男って知ったときは若干女性向けかよと地雷臭感じてましたがまあ秒で慣れるというか違和感ゼロでした。双子ちゃんも両方女性声出し釣り合い取れてる取れてる。

真菰ちゃん可愛いし錆兎カッコいいし年号鬼倒すまでの一連の流れはすごく熱かったし、泣きそうになりました。うおおおおおおおおおおおお!!!

戦闘シーンもすごい良かった。最近やってる某忍者死にゲーを思い出す感じにキンキン弾いたりドカッと殴られたりするのがすごい面白い。天狗爺要素も被ってるしこれ海外で人気出るには良い波が来てるんじゃないですかね、最高にタイムリーだな(もうひとつのタイムリー要素から目を背けながら)。

実際ここまでいい出来なのに脱税ほんまもったいないわ。でもアニメ観る層が脱税してるから観ないなんて考えるやつはいなさそうな気がするし、逆に宣伝的にプラスかもしれない。制作が危ういとかはまああるかもしれないが…。

ちょっと微妙なところ

まあ基本面白かったんだけど、ちょっと微妙に感じたところを述べる。完璧なアニメ化なんて存在しないってトマス=モアさんが言ってた。

ギャグ要素がサムい。笑えない。

鬼滅の刃原作はその微妙にヘタウマな絵やキャラクターの台詞回しや挙動どこかが意図してるのかしてないのか分からないけど可笑しくてシュールな笑いが生まれるというポスト彼岸島みたいな魅力がある。

そういう要素はいまいち発揮できてなかった気がする。作画が良すぎるせいで笑っていいのか迷うというところもあろう。所謂絵の綺麗なギャグマンガはつまらないみたいな感じだ。漫画の絶妙な間や変顔とかアニメで再現はまあ難しいからしょうがない。メディアの違いを理解することにする。

あ、オリジナルでぶちこんだイシツブテが斧に絡まってグルグル無駄に回転量多く飛んでいくシーンはクッソ笑いました。アニメはアニメならではのシュールギャグを目指してほしい。

6話以降も楽しみ

最後にOPが流れたんですが、すごいワクワクする感じの良OPでした。特にほぼシルエットのみの音柱のカッコよさと色の付いた朱沙丸ちゃんの可愛さ。朱沙丸ちゃんは来期1のヒロインに成れる器を秘めている。オリジナルで出番たっぷりぶち込め!

しかし6話以降が1か月以上先とか死んじゃうほど遠い。ユーフォ死ぬな!せめて朱沙丸ちゃんまで作れ!!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました