小説家になろうで読めるおすすめ小説紹介!!!!

スポンサーリンク
小説家になろう
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!世の中斜め郎です。

みなさん小説家になろうってご存知ですか?知らない人は全く知らないでしょうが知っている人は知っている超人気小説投稿サイトです!!!

小説家になろうとは

いわゆる異世界ファンタジーが主流の小説投稿サイトですが、なんとなろうから書籍化し、更にアニメ化までした作品まであるほど超人気です!

例をあげましょう。

  • 魔法科高校の劣等生        (2014年アニメ化2017年アニメ映画化)
  • この素晴らしい世界に祝福を!   (2016年アニメ化2017年2期制作)
  • Re:ゼロから始める異世界生活  (2016年アニメ化)
  • オーバーロード          (2015年アニメ化2018年には2期3期まで制作)
  • 君の膵臓を食べたい        (2017年実写映画化2018年アニメ映画化)

これらはあくまで例として挙げただけでまだまだたくさんメディアミックスした、またはする予定の作品があります!!!

自分は小説家になろうの大ファンで、もうかれこれ10年はあのサイトに入り浸っております。

文章力が酷いだの、展開が稚拙だののなろうアンチによる酷評はありますが、みなさんそんなものに騙されないでください!!!

確かにゴミみたいな作品はありますが、割とゴミでも面白く読めちゃうんです!ファストフード感覚の新しい小説です。

傑作も、もちろんありますしね!!!!!!

次項からは私の10年間の珠玉のおすすめをお教えしようではないですか!!!

小説家になろうおすすめ小説

ラピスの心臓 作者:おぽっさむ

私が今更紹介するまでもない小説家になろう界では超人気作!!!

誰しもが手の甲に石を持って生まれる世界。貴族階級は色鮮やかな宝石の如き輝石を持ち様々な魔法を使う一方、世界の多くを占める平民は濁石という濁った色の石で魔法も使えぬという、階級差が生まれながらにはっきり区別された世界。

主人公シュオウは幼少期のある出会いから、特異な武術を身に着け、彩術世界に濁石と武術と生まれ持った動体視力で世界と対峙する。

これはガチで面白い。王道中の王道。魔法の使えない主人公が魔法使いに武術で挑むって割と使い古されてそうな設定だけれども、使い古されるってつまり面白いってことなんですよね。

主人公が嫌みのない性格なのも良い、なろうだとなかなかできることじゃないよ。魅力あるヒロイン達や良い感じの戦友キャラもGOOD!!

特筆するべきは文章量です。だいたい小説家になろうだと1話1000字とか2000字とかだったりするんですが、ラピスの心臓は1話1万字くらいあります。最新話に至っては2万字超えてます。

平均的な文庫本が10万文字とか聞いたことあるのでやばいですね。ちなみに合計で現在120万字ほどあります。

地の文でしっかり読ませるタイプの小説なのでなろう小説に慣れた方には逆に読むのが辛いかもしれません。

謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ

これも今更私が紹介するまでもない超人気作!!なろうの累計総合ランキング7位です!!

20代OLが、少女漫画の悪役令嬢「吉祥院麗華」に転生(生まれ変わりってことです)してしまってさあ大変。漫画の悪役令嬢のような不幸な末路に陥らぬよう彼女はダイエットや勉強、恋愛(恋愛するとは言ってない)に奮闘するのであった!!

小説家になろうに悪役令嬢ブームを起こした立役者。これもガチで面白いんだな。自分は男なのでこういうまあ如何にも女の人向けの小説は楽しめないだろうなあと思っていたんですが、いやはやすごい。

主人公麗華の一人称視点で進んでいくがこれがまあポンコツなんですね。すごく小心者で心配性で太りやすい体質で、モテない。でも周りに妙に勘違いされる。すっげえ共感できるし、応援したくなるんですよ!麗華様がんばえー!って。

偶に入れてくる他者視点も巧みなんですよねえ。別に伏線とかはないんですけど、なんか読んでて微笑ましくなっちゃうような作りが上手いです。

キャラもみんな個性があって良いです、特に少女漫画世界におけるヒロインポジションの子がめっちゃいい子で可愛い。最近の悪役令嬢ものは元々のヒロインを腹黒とか悪役にしちゃうからあかんのですよ。

駄目だ、私の文章力じゃあこの小説の魅力を伝えることも出来そうにない。とにかく読んでください。

これも総計100万字くらいありますが、1話あたりは3000字くらいなのでだいぶ読みやすいはずです。ぜひ!!

終わりに

駄目ですね、2つ程度で紹介を終わらせるつもりなんて毛頭なかったのにもう2000字いきそうになっちゃたのでここらへんで一旦終了します。

ラピスの心臓も謙虚も両方ともマジで面白いです。

この2つはどちらも有名作品なのでそりゃあ外れないです。

いずれ機会があればまだまだ紹介したい作品は盛沢山なので、ぜひ楽しみにしといてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました