ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オラリオの矢 感想 ゴミ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガチでゴミみてえな映画だった。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか オラリオの矢 感想考察

ダンまちの劇場版だ!!!

人気ラノベでアニメ化もした紐神で有名なあの「ダンまち」が遂に銀幕に登場だ!!!

自分はなろう民だし理想郷民でもあったからダンまちはもちろんWEB時代からの大ファンだ!まあダンまちはだいたいヴェルフが登場するくらいまでしかいなかった覚えがあるからそんなに長くWEBにいた印象はないけどね。でもあの胸踊るミノタウロスとの戦いは衝撃的に面白かった!うむ!

もちろん私は書籍も集めてる。Kindle版だけど最新14巻も読了済みだ!!!!

まあアニメはそんなに面白くなくて途中で切っちゃったんだけどな!!!先がわかってる原作ありアニメは挫折しがち、でも今回の劇場版は原作者脚本でオリジナル!!!!!こんなの観に行くしかねえだろ!そういうわけで逝ってまいりました!!!うおおおおおおおおおおおおお!

ガチのマジでゴミみてえな映画だな!!!!!

久々につまらない映画を観ました。最近見た映画で「ファーストマン」とか「明日世界が終わるとしても」とかつまんないなあとか思ってましたけど、桁が…土俵が違う、実はちゃんと面白かったんだなあと認識を改めました。

この映画マジで面白くない。

何が面白くなかったのかは分からない。

とりあえず以下不満点を書き殴る

アルテミスが有名だからちょっとね

今さらだけどこのシリーズにはたくさんの神様が出てくる。ほんで今回の劇場版ではアルテミスという新キャラ神様がカギを握ることになる。

しかしちょっとこのアルテミスさんのキャラクター造詣がね、どうにも自分が神話で抱くアルテミスの印象と噛み合わなかった。いやまあそんな指摘はダンまちに今さらなのかもしれないけど、正直ヘスティアとかガネーシャとか神話でどんなキャラしか知らねえし具体的なエピソードもご存じなかったからね、結構有名でおらせられるアルテミスさんには違和感を感じるのもしょうがない。

月と狩人の女神で弓の名手、兄の謀略で恋人(オリオン)を射殺したっていうエピソードはまあ余りに有名じゃないですか。そんな彼女が恋愛アンチだのなんだの言われて、更にはベルくんに発情されてもね。神話への原作レイプじゃん。ここ乗り切れなかった一つのポイント。

話が面白くない

よくこんな湿っぽい話を映画にしたな。主人公なら理不尽は跳ね返せよ。唯唯諾諾と周りに流されてるんじゃねえよ。結局アルテミスの思惑通り行動して、神が描いた絵図通りに動くってこれが本当に英雄なんですかね。

もっと想像を超えた成長を、行動を魅せていくのがベル君じゃないかなと思ってた。

本当に主人公槍投げただけだからね。

作画がゴミ

作画はゴミじゃないかもしれない。けれども悪くはないに留まる印象だ。作画というか絵面がゴミなんだよな。よく知らないけど絵コンテってやつの切り方にたぶん問題があるんだよマジでよくわからんけど。

最初に槍を使ったときの描写とかさ、全然槍がすごい感が見えなかった。もっとさ、槍投げるなら投げる時のすごい描写が欲しかった。全然すごく見えないのにすごいすごいといわれてるのが違和感。

取ってつけたようなファンサービスが鼻に付く

なんというか連載中の少年漫画の劇場版感がすごい。主人公たちの戦いが世界全部を巻き込んでますよ感をだして、一方その頃あのキャラたちは…みたいなクソみたいなのよくあるよな!それいるか?

終わり

毒にも薬にもならない感じで単純に面白くなかった。でも上手く纏まってんじゃないですかね。

深夜アニメの映画化ってたぶんこういうのが標準なんでしょうね。はじめて標準にでくわしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました