どろろ 8話 さるの巻 感想考察 ワイは猿や!!

スポンサーリンク
TVアニメ
どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン
スポンサーリンク

プロゴルファー猿や!!

そんなこんなで今週もどろろの感想だ!!!

考察はしょうがないから復活します。しょうがないにゃあ。コメントが二つも付いちゃったらウキウキで復活するしかないんだよなあ。

どろろ 8話 さるの巻 感想考察

あらすじ

どろろ8話適当あらすじ:どろろと百鬼丸は旅の道中花嫁行列に出くわす、それに弓を射掛ける少年とも…。少年に問いただしたところ、この花嫁は怪しい雲の化け物への供物だという。果たして百鬼丸は人喰い雲の化け物を退治できるのか
今回もアニメオリジナルですかね、たぶんきっとめいびー。

ムカデがモチーフ、弓…、あっ

今回の鬼神はムカデだそうでした。暗雲の中空を飛び回る赤い甲殻、これはオシリスの天空竜だろ神のカードじゃん。鬼神っていっても今までショボい感じの化け物しかいませんでしたがようやく神っぽいのが出てきました。顔が攻撃力凄そう(悪口)。

 

石を投げてる百鬼丸は負けて不貞腐れてガキみたいなことやってると思いましたが、これは音から場所を推測する練習をしていたんですね。エコーロケーションってやつですね(ヤンジャン読者並みの感想)!

そしてさるも百鬼丸も弓矢を用いて俵藤太こと藤原秀郷がモチーフでしょうよ。俵藤太は唾付けた弓矢で大ムカデをぶち殺したという逸話がある室町時代の偉人です。詳しくはググってくれ!画像検索だとFGOばっかでビビるぞ!

百鬼丸がどろろの名前を呼んだのが今回の萌え萌えポイントな。これもやはりさるに姉ちゃんが名前は大事だと諭しているのを聞いたことを受けての行動でしょう。それで目を潤ませるどろろきゅんが今回の萌え萌えポイント2な!

さるはまあ狼の毛皮着てるし狼に育てられた少女ことアマラとカマラがモチーフということでいいでしょう。まあ創作の世界じゃこんなのありがちだけど。あと育てられたというより狼を速攻で狩って毛皮を着こんだみたいなそんな描写にも見えたけど…。

しかし今回全体的に描写がちょっとアレでしたね。百鬼丸の状況説明をナレーションに頼らざるを得なかったり、どろろがコケて絶体絶命かと思いきやなんとなく特に理由の描写なく助かってたり、気絶していたどろろが起きるのがいきなりメガシャキすぎていたり…ううむ。自分の中で補完できなくもないことなのでまあいいんですが随分大味でした。

来週はおかゆ回だ!!!!

第九話「無残帳の巻」

TVアニメ『どろろ』 第九話「無残帳の巻」予告

これは予告観るだけで興奮せざるを得ない!みんな大好きなジョジョもパクったリスペクトしたおかゆ回だぞ!!!この描写を抜きにして日本漫画史を語ることは出来ないとまでいったら過言だけど、おかゆ回だ!!!!

原作を基にした回だからきっと考察も捗るに違いない、ええはい、もっと精進いたします。

そういうわけでまた来週!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました