どろろ 7話 絡新婦の巻 感想 すまん神アニメだよなこれ?

スポンサーリンク
TVアニメ
どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン
スポンサーリンク

こういうのでいいんだよこういうので。

どろろ 7話 絡新婦の巻 感想

今週から感想考察の看板を下ろして感想という体でいきます。実のある事何も書けないししゃーない。

あらすじ

どろろ7話適当あらすじ:旅を続けるどろろと百鬼丸。道中出くわした蜘蛛の怪物を追って人さらいが横行している集落へとたどり着く。一方手傷を負った絡新婦(じょろうぐも)は村の青年に付けこみ、回復を図ろうとするのだが… 絶対悲しくなるやつですやん。今回はがっつりオリジナルですかね、絡新婦が原作で登場した覚えないし。

この逆張りみたいなオチで良いんだよ視聴者が望んでたものだよこれが

絶対これ絡新婦さんが死んじゃって終わり!って思うじゃん。

もう弥二郎が家に連れ込んだ時点であかん、化け物絶対殺すマンが悲劇的結末を齎しちゃうやつじゃんか!!ってなりました。

もう最後の弥二郎が射抜かれてね、本性現しちゃったときはあああああああ、と言うしかなかった。百鬼丸が空腹で弱体化してたの見てよっしゃ!とか思っちゃったぜ!

まあでもこれ死ぬ流れだよなあと思ってた。そっちの方が名作感あるし、通っぽいじゃん。でも違うよね、むしろそういう展開は飽きるほどやってるから生き残る方が逆に通だろ!!

本当に良かった、マジで神アニメだわ。

今回百鬼丸が絡新婦を見逃したのはあと大事な人を失う悲しさを知ったってことが大きいのかもしれませんね。

化け物と人は分かりあえるか

最初は絶対絡新婦は人殺してるし、分かり合えるわけないだろ!と思ってたんですが殺してませんでしたね。

これはまあ少し拍子抜けと言ったら拍子抜け。これなら和解も全然違和感ないです。精気吸うだけで、それが生きてくためならしょうがない。

これが人を食べないと生きていけないとかなるともう難易度跳ね上がりますよ。人喰いの化け物が人間と共存できるかってのは漫画だと割と多くあるテーマですが、やはりこれをしっかり解決するのはまあ無理ポですからね。

レベルEとかすっごい悲しい、まあオチはアレだけど。

本当に色々良い話だった

いやあ、やっぱり巧いよね。人攫いのミスリードとか百鬼丸が最後鼻で笑うのとかさ、これが良いお話の作り方なんだなあと。マジで面白かった、マジで。絡新婦が糸を指から出すのもカッコよかった。

更に今週も百鬼丸は体を取り戻してませんからね。これはどろろ1クール説は完全終了のお知らせでしょう。

来週も予告観る感じ名作臭半端ねえですね、また完全オリジナルかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました