どろろ 4話 妖刀の巻 感想考察 (時すでに)おすし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どろろ4話の感想考察です。「妖刀の巻」ということでね、ええ。

前回の感想で今話は鎌鼬と戦うに違いないなどと予想してましたがね、エンドカードは今回出てきた妖怪を紹介してるだけで次回予告なんかじゃないよと今回私は理解しました、はい。そもそもあんなダサい腕の鎌鼬が鬼神なわけないだろ!!

見返したら2話のエンドカードは万代だし、1話のエンドカードは沼鬼くんじゃないか!ちょっと待って鬼神の面子に鎌鼬君混ざってるのすごくない?

百鬼丸の右足奪ってた名無しのクソ雑魚鬼神くん可哀想、誰か名前付けてあげて。

どろろ 4話 妖刀の巻 感想考察

あらすじ

どろろ4話適当あらすじ:いつの間にやら琵琶法師と別れて二人旅となったどろろと百鬼丸のコンビ。偶然会った美少女お須志ちゃんとお寺で雨宿りをしていたのも束の間、背中を斬られたおじさんが何かから逃げるように現れ、目の前で倒れこんだ。駆ける百鬼丸、その先には奇妙な文様の彫られた刀を持つ辻斬りがいたのであった。

百鬼丸斬られる

今までは体を貫かれようが、叩きつけられようが平気な顔をしていましたが、最早痛みや感覚を取り戻した百鬼丸はこれまでとは違います、と思いましたが平気な顔をしてましたね。

口ほどに物言うはずの目が偽物だからしょうがないね。今回はザクっと顔を斬られるだけに留まりましたが、これは心配でしたね。雨に打たれることで感覚を楽しんでいた百鬼丸ですから、これはもしや斬られるのが大好きなどエムと化してしまうのではないかと。そんなことはなかったのでよかったです。

似蛭

今回百鬼丸が倒した鬼神は田之介が使う妖刀「似蛭」でした。使用者をフサフサイケメンにしてくれるとんでもない刀です。城代を全員叩ききったくらいでフサフサになっていたので斬れば斬るほどフサフサとなるのでしょう。

蛭のように血を吸うから蛭に似ているということで「似蛭」なのでしょう。あとニヒルって言葉もありますね。

[形動]

  1.  虚無的。虚無主義的。ニヒリスティック。「ニヒルな思想」
  2.  冷たく醒めていて、暗い影のあるさま。「ニヒルな男」「ニヒルな笑い」

『(ラテン)nihil(ニヒル)の意味 – goo国語辞書』より引用

まあピッタリだこと、こんなダブルミーニングかますとは手塚治虫はやはり神!

お須志ちゃんのこれまでを思うと涙が止まらない

良いところの生まれだと、どろろ君に推測されるお須志ちゃん。実際武家の生まれなわけですし、立派なお屋敷に住んでたみたいですからそうなんでしょう。

しかし、兄は戦争で消え屋敷を守り切ることが出来ずに手放し、行商をやって口を糊する毎日。兄の無事を願い手を合わせるお須志ちゃんの手の荒れ具合から苦労が伺えますね、くぅ~ん。戦争から5年も音沙汰ないってこれもう死んでるんじゃとどろろも突っ込まずにいられない微かな希望を信じておりました。

そんなお須志ちゃんですが、望外にも兄と再会!神はいたんやなって。

その後死んでるじゃん、と言いたい方もいらっしゃるでしょうがそれでも兄が安らかな顔で逝けた、死に目に立ち会えたっていうのはやはり幸運だったと思うんですよ。

きっと田之介の方も無意識にでも最後にお須志ちゃんに会いたいと思ってお須志ちゃんの傍まで来てたんじゃないでしょうか。でもお須志ちゃんがそのまま会えば殺されてしまう、そんなときに百鬼丸がいてくれたからこそ、多少の言葉を交わすことができた。これが仏の導きってやつや。みんな仏教をすころう。

今回はED後のCパートもありました。汲み取り方は人次第だけど、これからのお須志ちゃんの未来は明るいと思う。

まだ喋らないのか百鬼丸

今回取り戻したものは耳となりました。両耳とはありがたいサービス。これは目も両目同時に戻ってくるパターンでしょうね。12体しかいないからしょうがないね。

しかし、やはり1話一体ペースで鬼神をサクサク片付けていきます。これはもう1クールといっても過言ではない!!そしてもし1クールだとしたらもう4分の1は終わったのに一言も喋らない百鬼丸はすごいぞこれ!

どこぞの最終回しか変身しない魔法少女を思い出します。名作。

最終回だけ吠えて話すとかそんな感じになるんじゃないでしょうか。

こんな予想したんだ、来週ペラペラ喋り始めたら鎌鼬に化けて出てやるからな覚悟しろ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました