どろろ 10話 多宝丸の巻 感想考察 千手観音がラスボスってそれ一番言われてるから 

スポンサーリンク
TVアニメ
どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン
スポンサーリンク

蟹さんのお肉が美味しそうだった。

どろろ 10話 感想考察

あらすじ

どろろ10話適当あらすじ:醍醐の一人息子(一人息子とは言っていない)の多宝丸は、両親が何かを隠していることに苛立ちを感じている。幼馴染の兄妹と協力して真相を探ろうとするも失敗、気分転換に外に出ると村人が醍醐配下の侍に嘆願する場に出くわす。湖に住む化け物が船を襲い、犠牲者も出ているという。持ち前の義侠心から立ち上がる多宝丸。果たして彼は湖に住む怪異に勝つことは出来るのか。

兵庫は吃音持ちというか若干言葉が不自由なキャラクターですか。これは忠誠に篤そう。

醍醐の気持ち♡

あの赤子だな。ってなんか冷たい言い方ですね、いや仕方ないんでしょうけどさ。お前の子供だるぉ?

多宝丸に対しては凄い過保護なのですかね。戦場にも出さないし、百鬼丸の件についても隠す。多宝丸に失望されたくないんでしょう。

赤子について言及した時に叱責された多宝丸が、父上のあんな顔は初めて見たなんで言っていますから、もう猫っ可愛がりしてるんでしょう。

多宝丸の人物像が描かれた

義を重んじ、部下からの忠誠心も厚い。知恵もあるし、良い領主になりそう。

山は緑が濃く泉は水に溢れ、水田は稲に満ちている私はその息子、多宝丸、化け物ごとき討ち果たして見せよう。
印象的なシーンでした。父の話をする多宝丸の顔は笑顔が浮かび、自信に溢れていました。多宝丸という人間の高潔さをを支えているのはどうやら領地を見事に立て直したやり手の領主である父から来ているものであると考えられます。父親と母親の動向をずっと気にしていますし、両親が大好きなのでしょう。
もし彼がそんな大好きな父が赤子を生贄にし、鬼神に魂を売り渡すことでその偉業を成したとしったらどうなるのでしょうか。親がクソでグレるって線も勿論あるんでしょうが、陸奥に兵庫と支えてくれる二人がいるわけですから、親からの自立という方向に舵を切って欲しいなあ。多宝丸自体は何も悪いことしてないんですし、幸せになって欲しい。でも闇落ち多宝丸もみたいジレンマね、分裂しろ!
カプ厨的に陸奥×多宝丸が正義でしょ。がんばれ!!!

化け物めとっととくたばっちまえ

多宝丸他二人が追い込んでからやっと石投げ始めるクソ村人ども!石くらい遠くからいくらでも投げられるだろ!

しかし、今回の盆地に誘い込んである程度強者が戦って最後は投石ってシチュエーションはテラフォーマーズを連想せざるを得ない。なんということだアドルフさん、あんな姿になってしまって…。

千手観音と顔のない菩薩の対比

最後の意味深な描写ですね。百鬼丸の父である醍醐景光が祈りを捧げた地獄堂に立つ顔が4つくらいついている千手観音。そして母である縫の方が祈る仏には首から先がない。何かふっけえ伏線がありそうです。

ズバリ千手観音はラスボスでしょう。

来週から2週続くであろうベルリンの壁回ではまだ回収されないっぽいのでなんとなくラスボス臭がありますあります。マジでそうに決まってる!この予想が外れたらもう終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました